銚子の話題

千葉県銚子市についての様々な情報 + α

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【銚子市立総合病院問題】銚子市議会8月臨時会 2008/08/20 教育民生委員会会議概要-5

2008/08/20 教育民生委員会会議概要の続き…ラストです。
そして、翌21日夜の豚肉事件へ…


 これで結果として議会に決めさせて、この法律で28条の法律であなた達は首を切りますよ。その条件を作らせているんですよ。議会に。議会をアリバイに使って首切りの条件を認めさせてやる順序ですよ。これ、まだ議決されてませんからなんとも言えませんけど。でも結果としてはこれをもくろんで提案してるんですよ。伺いますけど、組合も不当労働行為として提訴するとかいろいろあるようですけども、こういうやり方で本当に法的に正しいんですか。どういう判断で出してきたんですか。

○委員長(山ロ久君) この際、10分間休憩いたします。 (17時21分)

 (17時31分)
○委員長(山ロ久君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

○病院庶務課長(宮内康博君) 7月7日の説明においても公設公営での存続はできないとされています。そういうことで9月30日をもって公設公営での存続はないというようなことを、病院の労働組合の方にそのような趣旨の通知をしています。

○委員(小林良子君) 私はよそに行ったら笑われるややり方だと思いますよ。職員の分限処分する条件が揃ってないのに先やっちゃって、後からその条件を出してくるわけだ。議会が認めなかったらどうなるのかということがあるわけでして、そういうことができるのかなと。後でそういう問題も出てくると思いますので、またお聞きしたいと思います。解雇をする場合の四つの条件というのがありまして、それはもう十分ご存知だと思いますので、この四つの条件がきちっと揃わないとやはり無効になりますよね。二つ目の要件に、解雇を回避するための努力義務が尽くされましたかというのがあります。この要件は、例えば佐藤院長が辞めると言ったときに、一生懸命止めて残っていただけるようなことをしたのかとか。例えば不足分をきちっと補充できたじゃないかとか。逆にね、するためのいろんな努力をしたっていう部分のところがいろいろ出てくるわけですけれども、この中で一点だけですけれども7月7日の集会のとき、市長が、一番最初に職員が自分達が給料減らしてもいいから病院存続をしてくださいというような意見が出ましてよね。そういう職員の意見に対して市がちゃんとじゃ試算してみるか。どういう状態だったらできるのかとか。そういうことをしたのかどうか。しなかったらなぜなのか伺います。四つの条件の解雇の手続きが妥当であるかという中で、その交渉のテーブルにきちんと市長が今まで付いていなくて揉めていたようですけれども、それは今日の委員会で付くということですので、それはそれで一つの解決になるのかな思います。今出ている問題で職員の退職金の割増金のことがさっき出ましてけれども、議会がこの議案を可決すれば割増金が出るのか。もしも否決になれば一般の退職扱いになるような話が出ているようなんですよ。大分違いますよね。事実なんですか。この場合どうしたらいいかと。働く人たちはね。一方で脅しみたいに気こえます。議会が否決したら一般並みになるんだよ。こういう場合、働いている人達にどういう道があるのかということで一つの考え方を、市長からのパワーハラスメント・嫌がらせとして集団で被害者届を出して損害賠償の対象となるようです。だからその道がありますので、あまり職員の皆さんはがっかりしないでしていただきたいと思いますので、現に証拠というのは7月7日の市長の集会の発言がありますからみんな証人になれますよね。ですからこの手続きがどうなるかということは分かりませんが、この方法がありますので、今これ職員の皆さんに言ってるんですけど、それでその賠償金が例えばそれは退職願から出るんじゃなくて、市の一般会計の方からお金が賠償金として出すということ、そういうことになります。今医師が12人います。それでこれでぎりぎりだと思うんですね。それとこの間8月8日集会で市民から市長辞めろという声が凄かったですよね。そういう中で市民のために市長はね、お辞めになった方がいいと思うんですけど、それは市長どうお考えですかお伺いします。

○市長(岡野俊昭君) まず脅しの問題とか何とか言いましたけれども、これはお答えしません。覚えがありませんから。もう一つは、私辞める気はありません。今は、きちっとした整備をして任期中はきちっとやって、そして後で審判を受けたいと思います。

○病院庶務課長(宮内康博君) 整理解雇の4要件ということで、整理解雇の必要性だとか、回避の努力、整理基準の人選の合理性、労働組合との協議があります。解雇権の乱用は、絶対いけないというのは当然であります。組合との交渉についても、誠意をもって交渉をしていくというところであります。退職金の関係でござますけれども、議決しない場合ということになりますと、そのときに退職されます方は普通退職という扱いになろうかと思います。回避の努力ということで、7月7日の休止決定までの間は、医師の確保なり経営の面についても十分努力をしてきました。それとその中で、市の方へ雇用の部分で職員の配置転換というようなことについてもお願いをしているところであります。

○委員(桜井隆君) 要望なんですが、10月以降の精神科外来の計画内容について、県か市の文書が出ていれば本委員会に提出していただき、説明をしていただきたいと思います。

○委員長(山口久君) 今の文書ありますか。では配ってください。

○行政改革推進監(大川貢一君) 精神神経科診療所の開設について説明

○委員(桜井隆君) この県の文書によれば、銚子市立病院が休止した場合における採用となっていますが、例えば今回の議案が否決された場合、どのようなことが想定されますか。精神神経科外来の設置は可能ですか。病院職員の給与は支払われるのか。病院への財政支援はできますか。

○行政改革推進監(大川貢一君) 10月1日の休止を想定しまして仮に休止とならなかった場合には、あそこでの開設は不可能と考えています。それは現在のデイケア室及び診療室をそのまま使用するということ、市内にこれからその場所を探すということでも、あれだけの設備が揃っている場所はございません。あくまでもあの場所を使用して開設したいということでありますので、ご理解いただきたいと思います。

○総務企画部長(鷺山隆志君) 財政支援につきましては、非常に厳しい状況であります。

○病院庶務課長(宮内康博君) 職員の給与は、支払いを続けていくことになります。

○委員(桜井隆君) 今本当に喫緊の課題として、精神外来を存続させるということだと思います。最悪の場合も考えられるということだと思うんですけれども、否決された場合、どうやってもかなわないのかということですね。もう一度お願いします。

○行政改革推進監(大川貢一君) 昨日、お話をした時点で、あの場所でないと開設はできないということで、あの場所で市立病院が一端休止をしなければできない。そのまま存続するということであるならば、開設は無理だという判断です。

○委員(笠原幸子君) やっと本題に入れる。財政問題なんですが、やめるとなると試算で約52億円というお話がありますけれども、その手当てをどういうふうに考えているのか。やめるとなるとこの52億円だけではなくなるわけですよね。市民への影響だとか経済効果も含めて、病院が果たしてきた損失を含めていくらくらいと考えているのか。それと今後のやめるときの手当てです。それはどういうふうに考えているのか伺いたいと思います。やめるとなると予算が組めなくなるとおっしゃていますけれども、今年度の予算を見ても分かるように、国民宿舎の跡地を売るだとか、とんでもない現実不可能なことでもやってのけるわけですよ。だから予算が組めないなんてことはないはずですよ。収納率についてだって何%か上げることで、いくらでも予算を組むことはできるはずなんです。その一んについてきちんとした答弁を伺いたいと思います。こういう精神神経科の開設について、県と千葉大学の医局の方で出してこられたと思いますけれども、開設についてですけれども患者さんを盾にして、こういう酷い9月30日休止にしなかったら開設できないというやり方はね、ちょっと市長なんとも感じませんか。私はこんな患者さんを盾にしたこういうやり方というのはね、どう考えても納得できる問題ではないです。先ほど言いましたように患者さんの外来と入院というのはセットですよ。もし措置入院が起きたときどうするんですか。誰が責任をもつのですか。入院する施設がないということは。本当に措置入院分かりますよね。そういうことも考えてどうするのかですね。それとやめたときに交付税措置ですよ。交付税措置だって当然減るわけですから、40億円投入したと何度も投入したとおっしゃいますけれども、その一方で交付税として国からも当然予算がきているわけで交付税としてきてるわけですから、全額40億円病院に投入したというわけではないということを確認したいと思います。それとまだ全部回収しきってないんですけれども、市民の皆さんからこういうふうにぴっちり書いたアンケートをいただいてあります。この主な内容の中でまだ全部がきているわけではないですが、市立病院について伺うという項目では、市の方針に賛成するという方は3.8%、市の方針に反対するという方は89.1%です。よく分からないという方が4.5%ですよ。特にこの中で意見が非常に多いのは、銚子市民の命を助ける場所なのでどうして休止するのか理解に苦しむ。旭中央病院は通うのが遠くて万が一というときに時間が掛かり助かる命も助からなくなる。民間病院は高く入院は大変、という声ですよ。非常に多いということと市立高校の校舎建設について伺いますということでは、校舎建設は延期すべきか、決ってしまったのでしかたがないかという問いの中で、校舎建設は延期すべきどいう声も非常に多いということを紹介しておきます。特にお子さんの声の中で、市立高校に通ってる高校生の長女の言葉です。プレハブだけどエアコンもあるし壊すのはもったいない。実際に通っている生徒が必要ないと言っているのに新しく校舎を作って誰が得するのですか。という声もあるということを紹介しておきます。市長は市民の実際の声を重く受け止める必要もあるし、署名についても5万人という多い人数を確認した上でこういうことをやるのかということの感想を伺いたいと思います。

○総務企画部長(鷺山隆志君) 金の手当てですけれども、今年度の金の手当てにつきましては、現在考えていることとしましては財政調整基金の取り崩しと人件費カットの影響額これが約1億2100万円、予算執行の中で不用額などで対応するしかないと考えております。さらに職員の整理退職に伴う退職手当の特別負担金につきましては、これはガイドラインにも示されておりますけれども、条件が合うようでしたら干葉県の方にお願いして退職手当債の発行をお願いしようかなということも考えております。全く財政運営に大きく支障をきたしておりますから。翌年度以降につきましては、起債の償還と水道事業会計からの借入金の返済などが残りまして7億円を下回る額での負担となる予定でありますので、大きな金額、10数億円という金額は出ませんから負担は軽くなるというふうに見込んでおります。また、財源手当てとしまして、なお不足が見込まれる場合には特定目的基金からの借入れや翌年度歳入の繰り上げ充用も視野に入れながら検討せざるを得ないと考えております。予算が組めない、組めるのではないかという質問でございますが、予算は組みようで組めます。しかし、これはあくまでも市民要望を満たせない非常に緊縮した予算になるというふうに思われます。交付税の措置でございますが19年度の交付税措置は、これは病院の基準財政需要額に算入されているものですが、普通交付税で219,706,000円、特別交付税で111,179,000円、合計で330,885,000円算入されています。

○市長(岡野俊昭君) 今の住民の声ですが、非常に重く受け止めています。

○委員(笠原幸子君) 市の負担は軽くなるけれども、市民の負担は非常に重くなるわけですよ。何といっても52億円+αですよ。+αというのは計り知れない市民の負担になるわけです。経済効果もしかり。何よりも病院がなくなるということはとんでもない負担になるわけです。そこのところをもう一度ようく勘案して、こういうだけのお金があるわけですから、続けるということももう一度考え直していただきたいと思います。退職金の部分でガイドラインに沿ったかたちですけれども神経科の動きもそうなんですが、県からの指導とかガイドライン含めた国の方策に則ったかたちの指導というのは何回かきているのですか。

○行政改革推進監(大川貢一君) 指導ということではございません。どのような状況で進んでいるのかという問い合わせはございます。

○委員(越川信一君) 公設民営に移行するまでの期間、本当に現状の中で運営可能なダウンサイジング、継続可能なダウンサイジングは本当にできないのか。休止の一つの要因となったのが、5月30日に発表された市立病院のダウンサイジング縮小に係わるシミュレーションでありました。ここでは現行の体制のほかに、四つの縮小案が示されました。いずれも基準内繰り入れのほかに、5億円から12億円の現金べースの資金ショート、不足額生じるというものでありました。これまでの一般質問では、行革推進監はこの現行以外の四つのほかにも様々なシミュレーションを行なった。示したのはほんの一部であって、これ以外のシミュレーションであらゆるシミュレーションを行なったと答弁されておりましたけれども。一昨日に私の質疑に対しては、この四つのパターン以外のシミュレーションは全く行なっていない。大変矛盾する答弁があり、がっかりしました。示された四つのパターンは、一昨日も述べましたように実現可能性の低いものばかりであります。特にパターン5の救急診療所化する案は、最も医師を確保するのが困難と思われる救急患者用に19床を稼動し診療所化するというものでありました。多くの外科医も必要となります。この実現可能性の低い現実離れした縮小案だけを示して、更に赤字幅が縮小すると結論付けたのか。大変疑問を感じています。例えば先ほど私が述べましたように、精神神経科療養病床・回復期リハビリ病床だけを残す縮小案であれば精神科医3名、常勤内科医2名、整形外科医だけで対応可能なのであります。実際にこれは残られるという先生もおられますので、交渉すれば可能な縮小案シミュレーションではないかと思っております。そのようなシミュレーションをなぜ試算してないのか不思議であります。療養病床23床、回復期リハビリ病床42床、、精神神経科53床。先ほど名前を挙げた、残ってくれる可能性の高い先生方を中心として、もう一度このシミュレーション案を検討していただける考えはありませんか。事務職を含めて100名程度の体制であれば、少ない財政支援で運営できるのではないでしょうか。公設民営に移行するまでの間、是非このかたちで継続していただきたい。そういうふうに思っております。もちろん残られる100名の職員の給与カットも必要であります。先ほど小林議員の方から病院説明会でも、給与を2割カットされても残りたいという職員の発言のことが示されております。現実的な医師数に合わせて診療体制も縮小し、2割の給与カットしても残るという職員に残ってもらえば病院の継続。少なくとも次へ移行するまでの期間、継続は可能ではないかなと思っております。このような現実的な縮小案シミュレーションをなぜ行なっていないのか。また今後も行なう考えはないのか伺います。

○行政改革推進監(大川貢一君) 5月30日のシミュレーションに対しては、ちょっと誤解があるようですので、あらためて申し上げます。確かに病院当局と行政改革推進室でお互いに案を持ち寄って検討はいたしました。越川議員おっしゃられるようにあれだけしかないという答弁が矛盾しているということでございますけれども、お互いにパターンを持ち寄って、それで検討して、数字を当てはめたのがあのパターンでございます。ですからあれは9億円の範囲内できるのか、これは何べんも答弁しておりますけれども、9億円の範囲内で病院が運営できるのかということであの5パターンです。ですからあれが休止に至る経緯。この間もご説明申し上げましたように、あくまでも6月に県と病院の方でやったのが最終的7億3千万円というシミュレーション、あれが最終的なシミュレーションですのでご理解いただきたいと思います。それと越川議員から提案されたダウンサイジングの件ですけれども、これ以上財政的な支援は市当局としても不可能でございます。それをご理解いただきたいと思います。

○委員(越川信一君) 持ち寄ったパターンをなぜ示していただけないのでしょうか。その結果だけを示して。持ち寄ったパターンの中に私が今言ったようなパターンも必ずあったのではないでしょうか。現実的に可能な三つの病床を残すパターンは無かったのですか。全く理解できません。しかも結果として示されたのはいずれも実現可能性の本当に薄い財政面でも厳しいという案ばかりであった。現実的に残そうというのであれば、当然精神神経科、療養病床、回復期リハビリ病床。この三つを核として、医師を何名にして看護師を何名にして、全体的には100名程度となると思うんですが、そのような当然持ち寄られたと思うんですね。その場合に財政支援がいくら必要となるのか。その案を我々議員に是非示すべきだと。本当に市に金がないのかということです。一昨日の議案質疑では、病院を継続した場合には本年度7億円程度の追加支援が必要であると、しかし休止する場合には10億円のお金が必要だということでありました。7億円の追加支援ができなくて10億円の精算費用ができるのか。その点がはなはだ疑問であります。また7億円が融通できれば次の公設民営につなぐために3月末まで病院を継続できるということになるのか、考えたいと思います。できれば市長が一番最初に考えていたように3月末まで継続し、その間に指定管理者を決めてスムーズに移行する。そうすべきだと私は今でも思っております。経営改善を条件に年度末の3億円の融資しか受けられない。これが本当に今回の全面休止の一つの理由になったのか。一般会計228億円の銚子市は予算総額488億円であります。その銚子市が7億円の資金を工面できないはずはないと思います6例えば説明会でも財政調整基金4億2千万円を取り崩したら、無くなったら翌年度収入不足に対応できない。災害時の対応が困難というふうに市では述べております。しかし、市立病院の全面休止は大規模災害に匹敵する銚子市最大の危機であります。銚子市最大の災害であります。この危機にですね、財政調整基金4億2千万円を取り崩す、来年の3月までつなぐために、公設民営までつなぐために崩すということは十分に市民の理解は得られると思っております。また、水道事業会計からの借入れもまだ可能だというふうに思っております。また年のまたがる一時借入も可能なことになっております。市財政は危機的状況といいながらこの2年間で41名もの新規採用を行なっています。また来年度も新規採用が計画されております。本当に財政が危機的状況ならば、まず真っ先に新規採用は差し控えるべきではないかなと思います。また6月議会で述べましたように下水道事業の見直し、一時的な縮小による繰出し金の削減。事務事業の抜本的な見直し。加瀬議員の話にもありましたように各種基金の取り崩しなどによって病院の資金ショートを防ぐくらいのお金は十分に捻出可能だというふうに思っております。ですから診療体制・職員体制を縮小しながらなんとか3月まで継続する。でその人的資源’経営的資源をそのまま次の経営体制に引き継ぐ。是非その方法を考えていただきたいというふうに思います。3月までの継続するための7億円出せないけれども精算するための10億円はなんとか工面する。このような姿勢は是非変えていただきたいことを要望しておきます。

○委員(工藤忠男君) 患者のカルテの管理は、5年間保管することになっていますが、10月1日以降どのようなかたちになりますか。学校建設賛成派ですが、市立高校の落札価額は約59億円です。税込みで約62億円。平成24年度の支払いを見てみますとなぜ24年度を取り上げたというと、看護科の専攻科の生徒がいなくなりまして生徒の数が一定になるためです。平成24年度の支払い見込み額は約1億4千万円、国から生徒分の交付約1億3千万円、生徒の入学金と授業料約2億6千万円となり支払いは十分可能だと思います。大体このペースで支払っていきます。収入の方も大体このペースでいきます。ですから1億ちょっと余ってますけど、学校は電気を使ったりいろいろありますから、このまま完全に合格点とはいえませんがそういうことです。

○病院庶務課長(宮内康博君) カルテの管理は、現在は委託業者が出し入れを行なっていますが、今後については残った事務職員が管理していくことになると思います。

○委員(加瀬庫藏君) 今工藤議員が言われたことに関連しますが、高校の問題について、市民説明会でも5年先からの返済だとよく説明ありましたね。したがって返済の金額も1億数千万円なんで、直接病院には関係ないというふうに言ってた。しかし、現実に市立病院が完全に潰れ、従業員が解雇されて、その中で新しい高校ができ、新しい公園ができる。この現実を市民が見たときにどうなのかな。もう一つ、今現在3歳児は400人。12年後には15歳になる。15歳になると高校進学ですよね。高校進学になるとこの周辺には10校あります。銚子は市立高校と県銚が普通高校が二つ、商業が一つ実業高校。三つになります。400人の子供達がどこに振り分けられていくのかと。私は水産高校の統合のときに県の教育委員会の方々といろいろ協議してきました。はっきり銚子は、3年後5年後には市立高校と県立高校の統合問題が出ますよと。そういうふうに必ず少子化ですからいう話もありました。ふざけるなと議論しましたけれども。はっきり言って12年後の15歳になったとき少子化でね。子供達がいなくて現実に市立高校と県立高校の統合問題が出たときに、まだ資金を払わないうちに廃櫨になる可能性があると。私は何を言いたいかと言うと、銚子市のグランドデザインがどうなのかと、5年後10年度と。例えば今、市立高校の問題ではなくて義務小学校が13校、中学校が8校、幼稚園が11幼稚園ある。体育館があって文化会館があって、特別養護老人ホームがあって、公共施設が様々ある。これが今、全て建て替えの時期にきている。全てこれは10万都市の構想の中で全てやられている。で職員の構成も、さっきこの2年間で40人採用となってますけども。実際に5年後6年後にはどのくらいの人口になるのか、シミュレーションであれば6万人台だということの中で銚子市のグランドデザインはどうなっていくのだと。それに高齢化率が高くなる。そうすると結局、病院と福祉が焦点になるはずなんだ。そのときに高校が廃嘘になっていく可能性は全然なくはないですよ。こういうことをふまえたときに、何が大事かいうことを考えないといけない。私は単なるその病院でね物事考えているわけではない。銚子市の本当の意味でのグランドデザインの中で、物事全て考えていかないと大変なことになる。私は、行政というのは思いとか感情とか正義感でやるものではないから。科学だから。こういう中で考えないと、という立場でいろいろ言っているわけだ。これは要望です。

○委員(笠原幸子君) 議案第5号の障害者の所得制限を上げるという問題ですが、今回の改正で市民への影響について伺います。

○障害福祉課長(滑川進君) 今回の改正によりまして心身障害者医療費給付事業については、市町村民税所得割の額が235,000円以上の方が、今年の7月の時点で26名おりましたが、いずれの方も住宅借入金等特別税額控除のない方でしたので、今回の条例改正による影響はありません。また、難病者援護金支給事業につきましては、市町村民税所得割の額が235,000円以上の方が、今年の7月の時点で19名おりましたが、いずれの方も住宅借入金等特別税額控除のない方でしたので、同様に今回の条例改正による影響はありません。

○委員(笠原幸子君) 今回についてはないということですが、今後条件が厳しくなったり、少しづつ他のものを含めて所得制限の算定方法が改められているような感じを受けるわけなんですが支給要件がこれで厳しくなったのは確かですね。

○障害福祉課長(滑川進君) これは平成19年以降に取得した人は、市県民税の住宅ローン控除の適用はありません。

○委員長(山口久君) 以上をもって質疑を終結いたします。続いて討論に入ります。討論はありませんか。

○委員(笠原幸子君) 市立総合病院の休止はすべきではないという立場から存続していただきたいという思いで、議案第1号、議案第4号について反対討論を行ないます。短期間に集められた約5万もの病院存続の署名が市長に提出されたように、市民の多くは市立総合病院を存続してほしいという願いでいっぱいであると思います。このことは、私どもが実施している市民アンケートでの回答でも同様であります。まだ回収途中でありますが、回収された回答を集約してみますと、市立総合病院に対する市の方針に89.1%の方が反対と回答しております。安心できる暮らしを求める多くの市民は、命と健康を守る病院を休止すべきではない。何よりも最優先すべき施策と意見が圧倒的多数であります。今回の提案の議案は、市立総合病院を9月末日で休止するためのものです。病院経営については改善方法が見え、ようやく明るい兆しが見えた中で、前病院長の辞任を受け医師確保については確かに困難さが出てきました。しかし、4月、5月、6月と医師不足があるものの前年度に比べ整形外科の手術件数もあり、医師とともに他のスタッフの努力で医業収益も増えつつありました。このような時期に9月末をもって病院休止はあまりにも性急で、市長らが十分に検討したもとで決められたとは言いがたいものであります。病院を休止して多額の債務と職員の退職金、休止後の維持管理に相当額のお金を投じる必要があるならば、むしろ市民の命と健康を守る中核病院として維持し、医師確保に引き続き努力することが市民の命と健康を守り、銚子市のみならず千葉県東部地域医療の支えとなり、医療連携の礎を作ることができると思います。よって議案第1号平成20年度銚子市病院事業会計補正予算(第1号)、議案第4号銚子市立総合病院の診療業務の休止に伴う関係条例の整備等に関する条例制定については反対いたします。なお、議案第5号専決処分の承認を求めることについて(銚子市心身障害者医療費給付条例及び銚子市難病者援護金支給条例の一部を改正する条例)でございますが、この議案は現在対象となる市民はいないものの、支給認定の基準を引き上げる算定方法に変えたもので支給要件が今後厳しくなり、市民への影響が考えられることから反対いたします。

○委員(越川信一君) 議案第1号、第4号の病院休止関連議案について討論いたします。今求められているのは市立病院を休止せず、現行の医師に合わせた体制に縮小しながら来年3月まで継続し、その間に公設民営を含む次の経営体制を決定し新体制にスムーズに移行していくことだと思います。公設民営に移行するにしても、一度整理解雇してしまった医療スタッフを集めることは困難であります。今ある市立病院の人的資源を受け継ぐ方がベターであります。また、建物や医療機器のメンテナンスを考えても、休止による空白期間を生じさせないことが求められています。また、患者さんを守るためにも例え縮小したとしても存続させることが市の責務だと思います。現実に内科の松井医師のように市立病院に残りたい、地域医療に貢献したいというビジョンを持っている方もいらっしゃいます。次の病院が内定しているけれども市立病院が継続するのなら残りたいという先生方もいらっしゃいます。療養病床とリハビリ病床、外来そして精神科の運営、今残れる医師に合わせた縮小案を検討し継続し、併せて看護師や医療スタッフにも給与カットをお願いする。そうすれば来年3月まで継続は十分可能だと思います。その間に来年4月以降の新体制を決定し、できるだけ医師やスタッフを引き継いでいただく。そのことが職員にとっても公設民営を引き受ける医療機関にとっても有利なことだと思います。大切な経営資源、人的資源を守り引き継ぐためにも空白期間を生じさせないことが肝要であり、議案第1号、第4号の休止関連議案については反対いたします。

○委員(加瀬庫藏君) 議案第1号、第4号については反対であります。この委員会で何点か明らかになりました。一つは休止の理由が金と医師不足と宣伝をされてきましたが、この委員会の中でまったく違う内容が明らかになったと思います。市長と執行部の病院に対する認識の無さ、あるいは佐藤前院長と高城前事務局長を辞任に追い込んだ執行部の態度に最大の問題があることが明らかになりました。具体的には、確かに国と前市長の政策によって、昨年7月閉院ではないかという事態はありました。しかし、全国的にも例のない医師の確保に伴って改善をしたのは事実であります。何か別な意図があるのか、あるいは執行部の認識の無さなのかは不明でありますが、病院が立ち直っていくことについて、困るような態度が一貫としてありました。その証拠に健全化計画を否定する内容として、日本経済研究所に委託した内容がほとんど今日否定をされました。この事実を執行部も認めました。この内容が市民の説明会で休止の理由として語られました。極めて問題だと思います。もう一つ、休止ということですが今回の補正予算を聞いても実際には財源の確保のない赤字予算であります。したがって執行部をして財源の確保ができなければ、この補正予算の執行はできないということになりました。財源の保障のない予算の提案をしてこれを可決するということは、本来議員の立場としてはあってはなりません。誰が責任を持つのでしょうか。可決をした議員が各々お金を出すのであればいいですよ、6億円出してくれるのであればいいですけれども。6億円の赤字の予算を財源の保障がないのに決定するというのは極めて問題だと思います。そのことも明らかになりました。あともう一つ、精神神経科の外来の問題ですが10項目の内容で報告がありました。この報告は外来と入院を区別して考えるということは極めて問題があると思います。外来患者が入院を必要となったときに誰が責任持つのでしょうか。1,100名いる中で、一人か二人ではないはずです。このときに誰が責任を持つのでしょうか。この議案を議決した人たちが責任を持ってくれますか。市長が責任を持ってくれますか。病院の執行部のみなさんが責任を持ってくれますか。我が家で包丁を持って暴れたときに責任を持ってくれますか。こういうことが日々直面するんですよ。県の皆さん、外来の患者がこのようなことで、民民で対処ができたから良かったとはならないんですよ。こういうことが今回明らかになりました。もう一つ明らかになったのは、強制的な首切り条例を提案をして、その上に立って病院の休止をするという条例が第4号議案ですね。これは今日の新聞にもあったように千葉県労働委員会に提訴されて、この提訴された内容というのは当事者能力の無い人が病院の職務代理をしていると本人が言っている。私には交渉しても応える権利は無い、答える権利のある人が交渉に応ずるべきだ。これは市長だ。そのことは市長も知っているというふうに答弁があった。知っているのであれば交渉に行くべきだ。そうすれば不当労働行為で訴えられることも無かった。交渉の場に乗らない、話し合いに応じないからこそ不当労働行為として千労委に提訴された。市長は常々病院問題を政争の具にしてはならないと言っているが、政争の具にしているのはあなただよ。こういうことから今度の議案そのものについて科学的な根拠なり、示せるものが何も無かったということで、今委員会に提案されている3議案について反対いたします。

○委員(小林良子君) 議案第1号及び第4号について反対討論いたします。まず議案第1号について平成20年度資金計画621,177,000円の不足分について、9月議会で補正することを答弁していましたが、この間誰が責任を持つのでしょうか、明らかになりませんでした。予算は1回1回と完結していないといけないと思います。ですから予算として成立していません。このような不備な予算を提案するのは議会に対して失礼なのではないでしょうか。次にこの委員会では市立病院の9月末休止と職員の全員解雇に関する市からの提案の議案を審議する場でありました。この委員会において岡野市長のいくつもの判断の誤りが明らかになりました。一つは前院長の辞職を招いた不足分2億円の補充ができないという発言です。その結果、総額52億円もの支出予定になったこと。また、休止の決断の理由となった外科1名、内科1名に市長自ら確認せず決めたこと。更に休止とともに継続体制が作れなかったことなど。このため6月時点の数値ですが外来患者6,500人と入院患者は泣きながら、また怒りながら配転させられていったのであります。この思いは、本日署名を含めまして46,500名に及ぶ署名になりました。病院の存続を願う市民のお思いは、市長に届いていないのでしょうか。公約を守れなかった市長に対しある市民は、自分の教わった先生が市長になり、こんな嘘を付くとは恥ずかしいと思う。岡野先生は生徒に何を教えてきたのかと教え子が言ってました。市長はこの方になんとお答えしますか。市長は市立病院の9月末休止が撤回できないのであれば、市民のために辞職すべきであります。行政が市民の命や健康を保障できなければ、公共事業はできないのであります。私達もこの間、市長も議員も何にも役に立っていないと、何度も市民に言われました。また、住民説明会の中で市長辞めろの声は、大きく聞こえたと思います。市民は今後、病院を再建できる新しい市長を選ぶことになると思います。岡野市長はこのような第1号、第4号この議案を提案する前に辞職すべきだったのではないですか。これが市民のためであります。以上の理由により議案1号、第4号に反対いたします。

○委員長(山口久君) 以上をもって討論を終結いたします。
 これより採決を行います。採決は、各議案ごとに行います。お諮りいたします。
 初めに、議案第1号については、原案に賛成の諸君の挙手を求めます。
 (挙手 少数)
○委員長(山口久君) 挙手少数であります。よって、原案は否決すべきものと決しました。
 次に、議案第4号については、原案に賛成の諸君の挙手を求めます。
 (挙手 少数)
○委員長(山ロ久君) 挙手少数であります。よって、原案は否決すべきものと決しました。
 次に、議案第5号については、原案に賛成の諸君の挙手を求めます。
 (挙手 多数)
○委員長(山口久君) 挙手多数であります。よって、原案のとおり可決すべきものと決しました。
  以上をもって、当委員会に付託されました案件の審査は終了いたしました。
 これにて教育民生委員会を閉会いたします。

  銚子市議会委員会条例第30条第1項の規定により署名する。
  教育民生委員会   委員長


以上。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

検索エリア

カスタム検索

ブログ内検索

tweet

プロフィール

あきもと

Author:あきもと
無芸大食・質問魔、地元ネット界の敵役、行政に対する「立派なクレーマー」になるため日々研鑚中
そんなとこ…

Akimoto Ken'ichi

Create Your Badge

あきもとへの連絡

いままでのメールフォームが不調で受信できなかったので、新規のフォームに改めました。

銚子の話題QRコード

QR

銚子の話題QRコード

最近の記事

googleカスタム検索

右サイドメニュー

amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。