銚子の話題

千葉県銚子市についての様々な情報 + α

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【銚子市立総合病院問題】8月臨時市議会を傍聴しよう!

傍聴-1
傍聴-2 傍聴-3
傍聴-4 傍聴-5

8月臨時市議会を傍聴しよう!
市立病院全面休止の賛否を問う

 市立病院の9月全面休止が刻一刻と迫っています。8月5日に提出した市立
病院の存続を願う4万人署名、「行き場のない患者を見捨てるな!」と叫んだ
同夜の700人デモ。市立病院9月全面休止の撤回を求める市民の声を、岡野
市長はいったい、どのように感じているのでしょうか?
 岡野市長は8月7日の市民センター説明会で「署名活動、誹謗中傷、物を投
げることで、何か進歩したことがあったでしょうか」と述べ、4万名の市民署
名を一蹴しました。11日には、病院休止のための議案を提案する8月臨時市
議会(8月18日~22日)の招集を通知しました。可決されれば、事務職を除く
病院職員全員の整理解雇が認められ、9月全面休止(=事実上の閉鎖)が決定
します。
 市民の代表である26名の議員が歯止めとなって議案を否決し、市長の「病
院つぶし」の暴走を何としても食い止めることが最後の望みです。「市立病院
を守る」「市立病院を残す」と言って1年3カ月前の選挙を戦った市会議員は、
みずからの公約と良心に立ち返って下さい。今こそ、利権やシガラミに惑わさ
れることなく、市民の立場に立って、暴走する岡野市長に「NO」を突きつけ
て下さい。
 同時に私たち市民には、議員ひとり一人の意見と表決態度をチェックする義
務があります。市立病院全面休止の賛否を問う「8月臨時市議会」をぜひ傍聴
しましょう!
           【8月臨時市議会の日程】
▼8月18日(月)午前10時~ 議案上程、説明、質疑、委員会付託
▼8月20日(水)午前10時~ 議案審査(教育民生委員会)
▼8月22日(金)午前10時~ 議案審査について委員会委員長報告、質疑、
                   討論、採決

公的医療を守る市民の集い
   【事務局】
    〒288-0816 銚子市春日台町3-9 金秋陸夫
    電話24-3468
-------------------------------
「ない」のは「お金」ではなく、
「岡野市長」の「意志」です

 市立病院の経営を続けた場合、今年度7億3000万円+αの財源不足が生
じること、危機的な市財政では追加支援が困難なこと、年度途中では県の財政
支援は受けられないことが、病院全面休止の理由とされています。岡野市長は
8月7日の市民説明会で「病院を2度救ったけれど、3度目は市の金が尽き
た」と述べました。
 しかし本当に「市の金が尽きた」のでしょうか。産業構造から言っても、財
政の健全性から言っても、銚子は「第2の夕張」ではまったくありません。以
下に示すように、岡野市長に病院を残す意志があるならば、病院存続のために
必要なお金を生み出すことは十分可能です。ないのは「お金」ではなく、「病
院を残したい」という岡野市長の「意志」ではないでしょうか。
 市が「病院事業に追加支援できない理由」として上げた①―③に対し、私た
ちは次のように反論します。

    【病院事業に追加支援できない理由①】
【市説明】財政調整基金(4億2000万円)がなくなったら翌年度の収
入不足に対応できない。災害時対応が困難。
               ↓
【反 論】市立病院の全面休止は、大規模災害に匹敵する銚子市最大の危
機です。市民の命と健康を守るために、財政調整基金(4億2000万
円)を取り崩すことは、市民の理解を十分得られるはずです。

------------------------------------------------
     【病院事業に追加支援できない理由②】
【市説明】病院の赤字補てんのための借入は不可能。
               ↓
【反 論】病院の再建計画をきちんと立てた上で、一昨年度(7億円)行
ったように、水道事業会計から最大約20億円の借入が可能です。病院存
続の緊急事態であり、市民の理解は得られると思います。


     【病院事業に追加支援できない理由③】
【市説明】行革効果(人件費等)分では賄うことができない。
               ↓
【反 論】「市財政は危機的状況」と言いながら、岡野市長就任後の2年
間で41名(19年度19名、20年度22名)もの新規職員を大量採用
しているのはなぜでしょうか。1人あたり人件費(給与・社会保険料負担
・退職金引当・福利厚生費等)を700万円と見積もっても年間3億円も
の行革効果を放棄していることになります。さらに来年度も新規採用を計
画しているのは異常です。
 財政が危機的状況を脱するまで新規採用を行わないことが民間企業では
当然です。人件費削減の最大のチャンスをみずから放棄しておきながら
「行革効果分では賄うことができない」とは何事でしょうか。
 一般会計から7億円以上の繰り入れを行なっている下水道事業の縮小、
不要な事務事業の抜本的見直し、各種基金の取り崩しなどによって、5億
円程度のお金を生み出すことは可能です。

-------------------------------------------------
たとえ縮小しても、
病院を存続・継続すべきです

 今後の取り組みについて市は、9月末で全面休止した上で、「公設民営また
は譲渡での引受先を模索。できる限り早急に診療を再開するよう努力」と述べ
ています。
 しかし、全面休止で空白期間が生じれば、医療機器・空調機器・病院建物・
ボイラーなどのメンテナンスは難しく、病院の最も大切な経営資源である医療
従事者についても、全員整理解雇となれば再び集めることは不可能です。転院
した患者さんを、再び呼び戻すことはできるのでしょうか。
 次の体制にスムーズに移行するためにも、休止期間(空白期間)が生じるこ
とは何としても避けなければなりません。縮小したとしても診療を継続しなが
ら、次の体制を迅速に決定した上で、休止期間を置かずに移行することが何よ
りも望まれます。
 市が病院休止の一つの根拠としている「ダウンサイジングに係るシミュレー
ション(5月30日発表)」は積算根拠も曖味です。診療所化案は「救急患者
用に19床のみ稼働する」案が示されたのみです。松井稔医師のように「市立
病院に残りたい」と強く希望する医師がいるのに、その可能性・試算は、まっ
たく示されていません。
 私たちは、市立病院の現状での現実的なダウンサイジング案を提案します。

     【ダウンサイジング案(例)】
    ◆療養(23床)
    ◆回復期リハビリ(42病床)    常勤内科医2名
    ◆精神神経科(53病床)      精紳科医3名
    ◆外来(外科、小児科、整形外科)医師3名
    ◆理学療法士・作業療法士等10名
    ◆看護師50名
    ◆事務職5名
    ※このほか日勤医数名を配置
※精神神経科に対する地方交付税(l9年度実績1億2000万円)のほか、年
 間2億円程度の繰出金(指定管理料)で経営可能(詳細別途)。
※経営形態は公設公営または公設民営(指定管理者)を想定

 市立病院を9月全面休止すれば、総額60億円規模の精算費用がが発生します。さらに低所得者医療・精神科医療など地域医療の崩壊、200名もの職員・医師の解雇による雇用不安、隣接薬局の閉鎖、人口減による基準財政需用額の減少など、経済的ダメージは甚大です。「はじめに病院休止ありき」の理不尽な市の暴走に、私たちは断固反対します。
------------------------------------------------
今求められているのは、
病院を休止せず、継続しながら、
引受先を必死に探すことです

 市は「公設民営(指定管理者)または譲渡での引受先を模索。できる限り早
急に診療を再開するよう努力」と述べているにも関わらず、引受先を必死に探
している様子は見られません。
 昨年2月には、全国で60の病院を経営する徳洲会総合病院グループからア
プローチがあったにもかかわらず、市はまったく協議に応じていなかったこと
も6月議会で明らかになっています。公設民営を発表した以上、1日も早く引
受先を見つけることが市の責務です。時ここに至っては、徳洲会を含め、少し
でも引受可能性のある医療法人に対して、全国を飛び回って交渉していても不
思議ではありません。この緊急事態を打開し、公的医療(公設民営を含む)を
守るためには随意契約でも十分に市民は理解を得られると考えます。
 医療空白を作らないためには、市立病院を休止せず、継続しながら、引受先
を必死に探すことが、今、銚子市に求められているのではないでしょうか。

だまし打ちの高校校舎建設議決?
 6月議会最終日の6月25日、62億7366万円の市立高校校舎建設が可
決されました。この議案は当初7月臨時議会に上程されるはずだったのに、急
きょ6月議会に追加提案されたものです。この時点で市は「今後、千葉県の全
面的な協力体制のもと、公設公営を含めた市立総合病院の方向性を、6、7月
の2か月間で決定することとし、決定にあたっては、外部コンサルタントに業
務委託するなかで、市と県で共同して方向性を導き出していくことになりまし
た。したがって、即座に公設民営とするような方向ではありません」と述べて
おり、病院休止の可能性についてまったく言及していませんでした。
 しかし一週間後の7月3日、岡野市長と堂本知事の会談で、市立病院の9月
全面休止が決定しました。もし当初の予定通り、病院の休止発表後の7月臨時
市議会に提案されたならば、市立高校校舎建設は否決された可能性が高いと思
われます。
 病院の休止発表前の6月議会に、市立高校校舎建設を急きょ、追加上程した
のは、極めて「意図的」「作為的」と言わざるをえません。
スポンサーサイト

Comment

貼り直しました 

宇井さん、ども。
htmlの記述に誤りはなかったのですが、何故かリンク出来てませんでした(汗
書き直しましたので、今度はでかいのが出てくると思います。
ご指摘感謝。
  • posted by あきもと 
  • URL 
  • 2008.08/16 23:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

リンク切れ 

チラシの上段右側の一枚の拡大画像が見れません。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

検索エリア

カスタム検索

ブログ内検索

tweet

プロフィール

あきもと

Author:あきもと
無芸大食・質問魔、地元ネット界の敵役、行政に対する「立派なクレーマー」になるため日々研鑚中
そんなとこ…

Akimoto Ken'ichi

Create Your Badge

あきもとへの連絡

いままでのメールフォームが不調で受信できなかったので、新規のフォームに改めました。

銚子の話題QRコード

QR

銚子の話題QRコード

最近の記事

googleカスタム検索

右サイドメニュー

amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。