銚子の話題

千葉県銚子市についての様々な情報 + α

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【銚子市立総合病院問題】2008/08/20 銚子市議会教育民生委員会審議結果

 去る7月7日に突然発表された銚子市立総合病院休止宣言は、「公設公営」での病院存続を公約として掲げ当選した岡野俊昭市長への失望感と休止決定に至る経緯の不透明さ、発表からわずか3ヶ月弱での休止開始に対する拙速感、事務職を除く職員全員解雇の不当性など多くの問題が指摘され、患者・家族のみならず、市内外住民多数を不安ととまどいに陥れた。
 その後、7月19日には「公的医療を守る市民の集い」(代表:金秋陸夫)が、市の決定に対して休止開始時期の先送りなど病院存続を求める内容の集会を開催した。
 同集いの呼びかけで翌日から展開された病院存続を求める緊急要望署名活動は、わずか2週間あまりの間に約3万9000人の署名を集め、8月5日に岡野市長に届けられた。また、同日夕刻には署名提出報告会とデモ行進が実施され、集まった住民約700人によって銚子市役所前からJR銚子駅まで、口々に病院存続を訴えながら整然と行進が行われた。
 この間、市側は8月7日と8日の二度にわたり、病院休止市民説明会を開催して市民の理解を求めたが、逆に参加者の多くから「公約違反」「何ゆえ9月末で休止しなければならないのか」「患者や家族の命と安全、地域医療の確保を放棄してハコモノ建設を行おうとするのは優先順位が違う」など厳しい批判にさらされ、「公約を反故にして病院を守れないなら辞職せよ!」とまで言われて、市長と市民の間の信頼が完全に消失したことが明らかになった。
 岡野市長と執行部は、署名や批判の声にも耳を貸さず、病院休止への手続きを進めるため8月18日(月)から5日間の会期で銚子市議会臨時会を招集した。
 臨時会では、開会初日から市執行部提出の病院休止関連議案に批判が集中し、これを多数の市民が傍聴席から見守り、また、テレビ各局も収録した。20日(水)には教育民生常任委員会(委員長:山口 久)が開催され、〔議案第1号〕平成20年度銚子市病院次行会計補正予算(第一号)、〔議案第4号〕銚子市立総合病院の休止に伴う関係条例の整備等に関する条例制定について、〔議案第5号〕専決処分の承認を求めることについて(銚子市心身障害者医療費給付条例及び銚子市難病者援護金支給条例の一部を改正する条例)の3議案を一括審議した。
 同委員会も報道各社が取材に入り、また平日にもかかわらず40席設けられた傍聴席も満席になる中、午前10時から夕刻までの長時間、本会議初日以上の激しい質疑の応酬が行われた。その結果、同委員会は〔議案第1号〕、〔議案第4号〕を賛成少数により否決。〔議案第5号〕は賛成多数で採択された。
 通常の議会では各委員会での審議結果を尊重して本会議でも採否が決まることが多いが、今臨時会で焦眉の的となっている銚子市立総合病院休止に係る議案については、事前に15人の市議が連名で岡野市長の休止決定に賛同する声明(要望書)を発表していたことから、否決が危ぶまれており予断を許さない状況である。

 委員会での質疑の詳細は、当日のメモを整理した後、エントリーを改めて掲載する。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

検索エリア

カスタム検索

ブログ内検索

tweet

プロフィール

あきもと

Author:あきもと
無芸大食・質問魔、地元ネット界の敵役、行政に対する「立派なクレーマー」になるため日々研鑚中
そんなとこ…

Akimoto Ken'ichi

Create Your Badge

あきもとへの連絡

いままでのメールフォームが不調で受信できなかったので、新規のフォームに改めました。

銚子の話題QRコード

QR

銚子の話題QRコード

最近の記事

googleカスタム検索

右サイドメニュー

amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。