銚子の話題

千葉県銚子市についての様々な情報 + α

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【銚子市立総合病院問題】8月臨時会最終日の岩井議員の反対討論 2008/08/22

一度は病院休止に賛成する要望書に名を連ねたことから、臨時議会の病院休止議案採決で、どのような態度を取るか注目された岩井文男市議は、討論の最後に簡潔ながらはっきりと反対の意思表示をして傍聴席の大きな拍手を浴びた(文章表現は発言通りではありません)


 私は議案第1号、平成20年銚子市病院事業会計補正予算及び議案第4号、銚子市立総合病院の診療業務の休止に伴う条例の原案に反対の立場から討論を行います(傍聴席から一斉に拍手)。

議長:ご静粛に願います。

 市立病院の存続は誰もが望んでいますし、同じ認識だと思います。しかし現実には予算措置が出来ない。また医師確保が大変難しい。医師不足が深刻。このことも誰もが承知していることです。
 病院の使命は市民の生命を守る。この一言に尽きますが、今回の病院休止はいきなり急降下、急角度に着陸しようとしたため、市民に大きな不安を与えてきた。縮小を踏まえ徐々に降下していく方法はなかったのかなど、疑問を抱くところであります。大変に急いだ結果が、今日の市民感情となっていることと認識します。
 病院の存続に関しても委員会、あるいはいろんなところから、働く職員自ら2割のカット、あるいは3割の賃下げカット等も提案されていることや、規模に見合った病院の今後の経営や、また病院勤務者と、いわゆる組合と十分な話し合いを互いの共通点を見出すまでやっていく。そういうことも話されていました。十分是非、このことをすべてクリアした中で、市民の地域医療体制を確立して医療の不安をなくすこと。この準備が出来るまで一定の期間病院の存続をすること。これが自ら私の出した結論であります(傍聴席拍手)。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

検索エリア

カスタム検索

ブログ内検索

tweet

プロフィール

あきもと

Author:あきもと
無芸大食・質問魔、地元ネット界の敵役、行政に対する「立派なクレーマー」になるため日々研鑚中
そんなとこ…

Akimoto Ken'ichi

Create Your Badge

あきもとへの連絡

いままでのメールフォームが不調で受信できなかったので、新規のフォームに改めました。

銚子の話題QRコード

QR

銚子の話題QRコード

最近の記事

googleカスタム検索

右サイドメニュー

amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。